美肌になる方法.com TOP → 美肌のための基礎知識 天然保湿因子(NMF)

天然保湿因子(NMF)

天然保湿因子は、別名をNMFと呼ばれNatural Moisturizing Factorの略です。天然保湿因子は表皮の角質層に存在する保湿成分のことで、人間の肌にもとからあるものです。天然保湿因子は水溶性で、角質層で角質細胞がつくられる際に生成されます。

天然保湿因子は、角質層の角質細胞の中にあり、水分を保持する機能を持っています。角質層は天然保湿因子によって肌の潤いを保つことができ、角質細胞に水分がたくさん含まれていると肌が潤ってなめらかになります。

天然保湿因子の約40%はアミノ酸であり、この他に乳酸や尿素、糖類などの約20種類の成分があります。角質細胞間脂質であるセラミドよりも保湿力が強くないのですが、さらっとした質感で肌によくなじむ性質から化粧水などスキンケア用品に使われています。

天然保湿因子は秋から冬にかけての乾燥する季節に減少してしまいます。また、加齢や睡眠不足、誤ったスキンケアなどで肌のターンオーバーが乱れて、角質細胞がつくられるサイクルが崩れてしまうことでも天然保湿因子が十分に作られなくなってしまいます。こうして天然保湿因子が減少すると、乾燥肌や肌荒れを引き起こしてしまいます。

みずみずしく潤いのある肌を維持していくためには、角質細胞が正常に作られるように肌サイクルを整えて、天然保湿因子が減少するのを防ぐ必要があります。そのためには、正しいスキンケアや栄養の整った食事、十分な睡眠、規則正しい生活をするように心がけましょう。

また天然保湿因子は、細胞内の尿素やアミノ酸によって構成されているため、それらを配合した保湿剤を使うことで、天然保湿因子が減少するのを防ぐことができます。

美肌のための基礎知識


静岡 解体
静岡で解体を依頼するならイーシーセンターで!

ティアモ カラコン
ティアモのカラコン通販サイト